読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイドルマスターのハイレゾ音源のレビュー

はじめのはじめに

私は主にモバマス、たまに本家アイマスであり、ミリマスはほとんど知りません。

一応ミリマスもレビューのようなものを載せていますが、元々のCDを持っておらず、比較のしようがありません。ですので、シンデレラガールズ、本家アイドルマスターと比べて簡素になっているところもありますが、ご容赦の程。

2017/03/10追記:CINDERELLA MASTER 001~003とMASTERPIECE 01~03を追加。

2017/03/26追記:ANIMATION PROJECT 00/01を追加。

 

待ちに待ったTHE IDOLM@STERハイレゾ音源が先日配信開始になりました。

アイマスハイレゾ音源といえば、48kHz/24bitのM@STERPIECEStar!!,Shine!!やM@GICなどのBDAudio類がありましたが、配信サイトでの配信はこれが初です。

ここをご覧の皆さんは、ハイレゾ音源もとい質の良い音源に興味がおありだと思いますので、是非一度、BDAudioを体験していない方は体験してみるとコロムビアの本気が伺えていいと思います。

 

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT 01 Star!!【初回限定盤CD+Blu-ray】

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT 01 Star!!【初回限定盤CD+Blu-ray】

 

 

 

 

デジタルオーディオにはサンプリング周波数と言う、アナログ信号をどれくらいの間隔でデジタル化するのかと言うものがあり、このサンプリング周波数が高いほど高い周波数の音まで記録することができます。

詳細は調べてもらえばわかると思いますが、サンプリング周波数の半分までの音を収録することができます。CDフォーマットですとサンプリング周波数が44.1kHzなので約22kHzまでの音を収録することができます。

つまり、サンプリング周波数が96kHzなどの高いハイレゾ音源は高周波数の音まできちんと記録されていなければハイレゾ音源と呼べないわけです。(もちろん、ダイナミックレンジも大事ですが)48kHzの場合はリマスタリングで勝負といったところでしょうか。こ

↑コメントをいただきました。これについては後述

スピーカー環境はHAP-S1+STUDIO 230 BRN

ヘッドホン環境はHAP-S1+(PHA-1A+)MDR-1000Xで評価しています。また、MDR-1000Xは電源をオフにして音量40ほどで聴いています。このヘッドホンは電源オンとオフで音が変化します。今回はオフにして、S-Master HXは通さずにそのまま駆動します。

 

曲名直下の画像は、左半分の上が曲の波形。下が周波数をスペクトル表示したもの。右半分の上が周波数分析グラフ、下が解析結果です。

また、評価ポイントはハイレゾにしかないもの。つまり、サンプリング周波数が96kHzであれば、CDに記録しきれなかった22kHzあたりから先に信号が記録されているかどうかや、CDと聴き比べをしての評価等々です。

もちろん、波形で音楽の全てがわかるわけではありません。以下に示すデータはあくまでデジタルデータの簡易解析結果です。波形で全てを語るわけにはいきません。ノリ波形でもいいものはいいんです。音楽は人が聴くものですから、いいか悪いかは聴く人次第。そこのところをお忘れなくご覧ください。

 

アイドルマスターシンデレラガールズハイレゾ音源

Snow Wings(M@STER VERSON)

f:id:kazukiti28:20170224134818p:plain

有効信号は約30kHzまで。-0.1dBでハードリミットしたような波形ではないのですが、平らなのは見た目的に少し気になります。ハイレゾと呼ぶのにふさわしい中身でした。

特に、スピーカーで大きな音で鳴らしたらイントロの高音域なんかすごく響いて非常に良かったです。

参考までに、CDと比較を。

f:id:kazukiti28:20170224141315p:plain

おまけ:デレステ版とハイレゾ

f:id:kazukiti28:20170224154704p:plain

 

Tulip(M@STER VERSION)

f:id:kazukiti28:20170224140208p:plain

イントロの部分ではしっかり倍音が収録されていますが、ボーカルメインのところは24kHz未満と以降で少し段があるように見られます

おそらく、これは楽器音収録のマイクはサンプリング周波数を高めに、ボーカルのマイクは48kHzくらいのサンプリング周波数で収録を行ったからではないかと思います。

波形はこちらも海苔っぽいのが気になりますが、偽レゾではないのは確かです。

リマスタリングをしているので、1分20秒あたりのハイハット(ですかね?)の音がCD版と違って聞こえてくるのがわかると思います。

CDと比較。

f:id:kazukiti28:20170224141336p:plain

声が生々しく聞こえる 

おまけ:

 

f:id:kazukiti28:20170224154839p:plain

 

ハイファイ☆デイズ

名前負けしてると言われてましたね。

f:id:kazukiti28:20170224141534p:plain

シンバルのとこだけハイレゾでした。ボーカルはTulip同様24kHzくらいまで。

波形はCDよりすごく綺麗になってます。

サビ前の「かがーやくーひーまでー」の後に流れるツリーチャイム(シャラシャラ鳴るやつです)の音色が、CD版だと他の楽器の音圧に押されてただ鳴ってるだけな印象でしたが、ハイレゾだとすごく綺麗に鳴ってます。

他にも、潰れてた音が非常に聴きやすくなってるのでL.M.B.Gが好きなら買うべき。

ハイレゾ音源を聴くときのボリュームでCD版のハイファイ☆デイズを聴くと音圧でもうびっくりします。それくらい違います。

CDと比較

f:id:kazukiti28:20170224141843p:plain

おまけ:

f:id:kazukiti28:20170224154944p:plain

 

生存本能ヴァルキュリア(M@STER VERSION)

f:id:kazukiti28:20170224155252p:plain

シンバルの倍音はちゃんと入ってました。

また、↓を見ていただければわかる通り、音圧も低めですので非常に聴きやすくなっています。

CD比較

f:id:kazukiti28:20170224155426p:plain

おまけ:

f:id:kazukiti28:20170224155318p:plain

 

純情Midnight伝説(M@STER VERSION)

f:id:kazukiti28:20170224155547p:plain

シンバルがたくさん入ってるので高音域も少し賑やかになって来ました。

CDだとボーカルメインで裏で楽器がガチャガチャ鳴ってる印象がありましたが、ハイレゾだとそんなこともありませんでした。

あと非常にどうでもいいんですけれど、10秒あたりに鳴ってる高い音が少し聴きやすくなってました。

CD比較

f:id:kazukiti28:20170224155759p:plain

おまけ:

f:id:kazukiti28:20170224155651p:plain

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER 05 純情Midnight伝説
 

 

Yes! Party Time!!(M@STER VERSION)

f:id:kazukiti28:20170224142012p:plain

だいたい傾向は同様。

イントロで主に利用されてる楽器が倍音すごくてきちんと48kHzまで音がなってました。

CD版はアンプの出力高めにすると聴きづらい印象があったのですが、ハイレゾだと聴きづらくなくなってたので、聴きづらいと思っていた方は買うべき。

「バラードの後には シングルメドレー〜〜」の部分で24kHz以上の信号がほとんどなかったので、おそらくボーカルだけサンプリング周波数が低いのは間違ってないような気がします。

CDと比較

f:id:kazukiti28:20170224142433p:plain

 

とどけ!アイドル

f:id:kazukiti28:20170225102909p:plain

こちらもボーカルは24、シンバルはシンバルは同様。

1分45秒あたりの、「愛を重ねて 高くジャンプしよう」のあたりのあんずの歌声に余裕が出てきたりと、CD版との差がはっきりしてました。

というかCD版の音圧が高すぎ…?

CDと比較

f:id:kazukiti28:20170225103430p:plain

おまけ

f:id:kazukiti28:20170225103529p:plain

おまけに画像貼りましたけど、だいたいデレステの音源の方がCDより音がいい気がするんですよね。CDになって音が悪くなってる印象があります。 

--2017/3/10追記分--

Never say never[ORT]

f:id:kazukiti28:20170310112657p:plain

今回の2017年03月10日のコロムビア信楽曲はマスターが48kHzですので、オリジナルの音は24kHzまでです。ORTマスタリング技術により、24kHz以上の音は補完アルゴリズムにより生成されています。

ORTが何かわからない方もいらっしゃると思いますので、ここでコロムビアORTの解説(?)サイトを貼っておきます。

columbia.jp

ハイレゾ音源のハイレゾ化といえばビクター社のK2HDもあります。

K2HDマスタリング

 

肝心の音ですが、CDと比較してすごく落ち着いて聞くことができました。CDはガヤガヤしてるんですけど、ハイレゾはなんというかしっとり聴ける感じ。蒼い。

f:id:kazukiti28:20170310114126p:plain

しっかりと蒼い声が響き渡っております。 

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 001 渋谷凛

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 001 渋谷凛

 

 

あんずのうた[ORT]

f:id:kazukiti28:20170310121105p:plain

一番音が聞きやすくなりました。

もともと電波ソングは音圧高めなのが多いですが、あんずのうたハイレゾは音圧低めでした。聞きやすくてずーっと聞いていても気持ち悪くならなさそう。

CD比較

f:id:kazukiti28:20170310121903p:plain

聞いてびっくり見てびっくり。すごく音圧が控えめになっています。いいですねこの流れ。

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 002 双葉杏

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 002 双葉杏

 

 

 

ショコラ・ティアラ[ORT]

f:id:kazukiti28:20170310114809p:plain

CDが別に楽器が埋もれてたりと音が悪いわけではないので変化が感じづらいところもありますが、こちらも復元されて24kHz以降も音が生成されています。

 

ここで、ORTすごいなーと思った部分を紹介。

CD比較

f:id:kazukiti28:20170310120422p:plain

音圧下がり、聴きやすく。

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 003 三村かな子

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 003 三村かな子

 

--追記分ここまで--

--2017/3/26追記分-- 

CINDERELLA MASTERに続いてANIMATION PROJECTのハイレゾ音源リリースです。

ススメ☆オトメ ~jewel parade~[ORT]

f:id:kazukiti28:20170326165956p:plain

聞いてすぐ音圧が低めになってるなと思いました。下のCD比較を見ていただければわかりますが、CDですと初っ端から音圧MAXですが、ハイレゾですと徐々に音圧が高まっています。

CDでは、「ススメ☆オトメもっと先へ〜」の部分のサ行が刺さっていましたが、ハイレゾでは刺さらず余裕を持って再生されています。4分13秒あたりの楽器の音もうるさ過ぎず綺麗です。

また、ORTの効果ですが、上の画像のように、24kHz以降の倍音(35kHzのヤマ)も普通に前から存在していたように収録されているのでこれまたいい感じです。

比較。

上から順にハイレゾデレステ、CDです。

f:id:kazukiti28:20170326165449p:plain

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT 00 ST@RTER BEST

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT 00 ST@RTER BEST

 

 

Star!!

BDAudioが48kHz/24bit、配信が96kHz/24bitですね。かなり好きな曲です。

f:id:kazukiti28:20170326163343p:plain

初めて聞いた時、「精一杯輝く 輝く星になれ 運命のドア開けよう 今未来だけ見上げて」の部分までは「あー音圧低くなってるな〜〜」って思ってただけなのですが、そのあとの横の広がりがものすごくて思わずにやけてしまいました。これはすごい。

また、各キャラの声も今まではこのパートは誰が歌っているのかわからない場所がありましたが、ハイレゾ音源でははっきりと判別できる箇所がいくつかあります。そしてサビに入る時のこの感覚。すごいです。これは実際に買って聞いて見て感じてください。うおすげえと思うはずです。

BDAudioとの比較ですが、BDAudioにはリニアPCM2chと5.1ch、そしてDolby TRUE HD 5.1chの計三種類収録されています。再生環境が2chの場合、5.1chは2chに落として再生となり、同じリニアPCMでも2chと5.1chでは違う音になり、同じ5.1chでもリニアPCMDOLBY TRUE HDではまた違った音になるらしいです。私の環境では5.1chの再生環境はないため、2chとの比較になりますが、やはり曲の入りの音圧から違う気がします。BDAudioがダメなんて言いません。むしろかなりいい方です。今回のハイレゾはそのBDAudioを超えたくらいの品質でリリースされたと僕は思っています。

この音源はもともとBDAudioとして存在していましたが、それとはまた別の音作りがされていそうです。受け取り方によっては超えたように聞こえないかもしれません。しかし、「BDAudioがあるからいいや」とお考えの方も(実際私もそうでしたが)、買う価値大いにあります。ご検討してみてはどうでしょう?

f:id:kazukiti28:20170326163415p:plain

ここで今更な別の話になりますが、Star!!の曲中ですごいと思ったものがあります。

下のAmazonへのリンクの画像にもあるように、ジャケットの左下に時計があります。時計が12時をさすまで2分58秒。曲の2分58秒の部分に「コーンコーンピロン」と、12時をさす音と魔法がかかる音が入っています。

これはまあ意識しないと埋もれてしまう音なのですが(私もこれ見るまでは気づきませんでした)、意識するとカラオケ、ハイレゾ、CDの順に聴きやすいなあと感じました。さすがに声無しのカラオケの音源には勝てませんが、CDよりかは聞き取りやすいと感じました。

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT 01 Star!!【初回限定盤CD+Blu-ray】

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT 01 Star!!【初回限定盤CD+Blu-ray】

 

 

--追記分ここまで--

アイドルマスターハイレゾ音源

Happy!(M@STER VERSION)

f:id:kazukiti28:20170224142938p:plain

波形は同じ感じ。

この楽曲は特に24kHzで切れてるところが多かったです。

Hey! Girls! 今日はカンペキ〜 のところで流れている高音の楽器、あれまで24kHzで切れているのは少し残念でした。

これも聴きやすくなってました。

CDと比較

f:id:kazukiti28:20170224143240p:plain

 

ザ・ライブ革命でSHOW!(M@STER VERSION)

f:id:kazukiti28:20170224142742p:plain

約44kHzまで。海苔じゃないので今までとは違いますね。

面白いのが、

f:id:kazukiti28:20170224142828p:plain

ここは、

イ! いっつもスマイルNever never forget!

のところなんですけど、ボーカルが24kHz突っ切ってるのでこれはボーカル収録も高サンプリング周波数で収録したんでしょうか…

これは普通にいいハイレゾ音源です。

CDと比較

f:id:kazukiti28:20170224143639p:plain 

THE IDOLM@STER PLATINUM MASTER 00 Happy!

THE IDOLM@STER PLATINUM MASTER 00 Happy!

 

 

Miracle Night(M@STER VERSION)

f:id:kazukiti28:20170224143749p:plain

すごいですよこれは

これもザ・ライブ革命でSHOW!と同じ感じ。

のっけからドゥンと来ていたCD版とは異なり、初めは柔らかく、控えめに。サビでここぞとばかりに主張してくる低音域が、これぞEDM風と思わせてくれるサウンドです。

CD比較

f:id:kazukiti28:20170224144016p:plain

これぞ理想的なハイレゾ音源です。

THE IDOLM@STER PLATINUM MASTER 01 Miracle Night

THE IDOLM@STER PLATINUM MASTER 01 Miracle Night

 

 

僕たちのResistance(M@STER VERSION)

f:id:kazukiti28:20170224144207p:plain

ここは3分40秒あたりの千早パートなんですけれど、さすが千早ですね。

これも24kHz突っ切ってます。ハイレゾの恩恵。

CD比較

f:id:kazukiti28:20170224144447p:plain

 

アマテラス(M@STER VERSION)

f:id:kazukiti28:20170224144649p:plain

ここまで来て最後に残念です…

CD比較

f:id:kazukiti28:20170224144747p:plain

でも波形は良くなって聴きやすくはなっています。

 --2017/03/10追記分--

魔法をかけて!(M@STER VERSION)[ORT]

f:id:kazukiti28:20170310125003p:plain

出だしから圧のない音で、非常に聞きやすくなりました。

落合さんの雪歩の声をこうやっていい音で聴けるのはいいことですね

CD比較

f:id:kazukiti28:20170310125355p:plain

 

 

9:02pm(M@STER VERSION)[ORT]

なぜかflacを読み込んでくれなかったのでwavに変換しました。

f:id:kazukiti28:20170310125712p:plain

音が大きいところは大きく、控えめな部分はしっかりと控えめに。

音が消えるところも綺麗に消えます。

CD比較

f:id:kazukiti28:20170310130333p:plain

 

 

ポジティブ!(M@STER VERSION)[ORT]

f:id:kazukiti28:20170310130624p:plain

この曲はあまり聞かないのでなんとも言えません申し訳ないです

ただ、CDよりは音が良くなってると思います。

CD比較

f:id:kazukiti28:20170310130547p:plain

 追記分ここまで

 

アイドルマスター ミリオンライブ!の楽曲

お話の前に

みなさんランティスがどのような音楽を出しているか知っているでしょうか。

ランティスとかコロムビアとか知らないやって方は一度見てみてください。

この記事の下の方に、ランティスが出している別のアイドルの音源について詳しく書いてあります。

ハイレゾ音源の実態と潜むニセレゾ。見直すべきCD。ハイレゾに踊らされていませんか?【音源編】

また、僕の大昔に書いた記事から引っ張ってきたのですが、

f:id:kazukiti28:20170228210929p:plain

これは中二病でも恋がしたい!のEDであるINSIDE IDENTITYです。ほとんど音割れ。すごい。

こういうことをするレーベルであることを念頭に置いてから以下ご覧ください。

 

下のキラメキ進行形を例にします。

アナログ信号をAD変換する際も、デジタル信号をDA変換する際も折り返しノイズというものが発生してしまいます。

これは、漫画のトーンなど、規則的に並んでいる模様を縮小すると変な規則的な模様が見えるアレのことです。俗にいうモアレ。

AD変換は制作側が行うものですからここは置いておくとして、DA変換の際の折り返しノイズが問題となります。

下のキラメキ進行形の例でいうと、DA変換すると理論上このような周波数分布の音が出てきます。スピーカー等から出てくるかどうかは別としてです。

f:id:kazukiti28:20170224234126j:plain

つなぎ目より右が折り返しノイズです。折り返しノイズは排除しないといけません。

折り返しノイズを除去するためにはローパスフィルターを使用します。この波形の場合、黄緑色で示した特性のローパスフィルタを使用すればノイズが入り込まないわけです。だいぶ傾きが緩やかです。

f:id:kazukiti28:20170224234618j:plain

ですが、この何もない部分が狭まるとどうでしょうか。当たり前のように、傾きを急にしないとノイズが混じってしまいます。

以上の理由より、中身の信号以上のサンプリング周波数を取ると良いという理屈です。

(これで分かりづらければこちらのページの「8倍オーバーサンプリング・デジタルフィルター搭載」のセクションを見て見てください。だいたい同じことが書いてあります。)

 

ですが!

オーディオを少しかじった方なら知っているかもしれませんが、オーバーサンプリングを再生機の方で行えば、このように無駄に高いサンプリング周波数にする必要はないわけです。

例えば私が使っているHAP-S1であれば、4倍オーバーサンプリング回路を搭載しています。(上のリンク先のHAP-Z1ESというHAP-S1の上位機種は8倍です。)

f:id:kazukiti28:20170224235023p:plain

また、古いですが1988年発売のCDプレイヤーCDP-970も8倍オーバーサンプリング回路を搭載していますので、正直音源側があれこれする必要ないと思います。

なので、

理屈はわかるがそれをする必要はあるのかなあ

といったところです。

 

ミリオンライブのCDはLIVE THE@TER HARMONYしか持っていないため、今回のハイレゾ音源はCDと比較できません…

 

THE IDOLM@STER LIVE THE@TER 02

都会じゃないのでレンタル在庫切れが多くて借りた枚数は少ないですが、CD借りてきました。

このアルバムのマスターは48kHz/24bitであり、それを96kHz/32bit環境でリマスタリングしたものとなっているので、24kHz以降の音はありません。

CDを聴き込んでいるわけでもないので、そう言えばこんな感じもするなあくらいの気持ちで書きました。

キラメキ進行形

f:id:kazukiti28:20170224210231p:plain

CDと比較して、ボーカルが際立って聞こえます。ハイレゾを先に聞いている状態でCD版を聴くと、ボーカルが楽器に埋もれている印象を受けました。

CDはクリッピング数が合計左右チャンネル平均4000近かったので、それが1/100になったおかげで聴きやすさも向上しています。

CD比較

f:id:kazukiti28:20170226215203p:plain

透明なプロローグ

f:id:kazukiti28:20170225115801p:plain

ハイレゾ聴いた後に聴くCD版は、ボーカルがしっかりしすぎていて、少しボーカルの音量が大きいような印象を受けました。また、ボーカルの音が大きいので楽器の音とごちゃ混ぜになっている印象。

また、CD版は合計左右平均20000ほどでしたので、かなり聴きやすくなっています。

CD比較

f:id:kazukiti28:20170226215229p:plain

トキメキの音符になって

f:id:kazukiti28:20170225115956p:plain

こちらも同様にハイレゾ聴いた後に聴くCDはボーカルの主張が激しく感じました。微々たる差ですが、これが意外と聴きやすくなってます。

こちらは平均15000でしたが、だいぶ減りました。

CD比較

f:id:kazukiti28:20170226215252p:plain

Maria Trap

f:id:kazukiti28:20170225115940p:plain

こちらもクリッピング数が1/1000に減り聴きやすく。 

これが一番か二番目に聴きやすさ向上しているのではないでしょうか。

CD比較

f:id:kazukiti28:20170226215229p:plain

Precious Grain

f:id:kazukiti28:20170225120101p:plain

低音とボーカルの被りもなく、低音が良い感じに鳴ってます。

クリッピング数は1/100になりました。

CD比較

f:id:kazukiti28:20170226215559p:plain

Legend Girls!!

f:id:kazukiti28:20170225120130p:plain

この曲は特に聴きやすさが向上しています。

上の波形は緑の音の波の隙間に黒が見えますが、CD版は黒が見えなくなるほどの音の波の振幅が記録してありましたので。

ハイレゾ聴いた後にCDを聞くと、ただ鳴っているだけの印象。ハイレゾはちゃんと歌声が流れていてすごく聴きやすいです。

こちらは約1/500までクリッピングが減りました。

CD比較

f:id:kazukiti28:20170226215617p:plain

 

 

THE IDOLM@STER THE@TER ACTIVITY 01 

唯一のマスターが96kHz/32bitのアルバムです。

このCDはあいにくレンタル中で、まだCD音源を手に入れていません。

手に入れ次第CD比較していきますので、しばしお待ちください。

借りてきました。

中古店にこのCDが並んでいたのを思い出しました。確か値段は100円でしたので、レンタルよりも中古買ったほうがよかった気もしますが…

創造は始まりの風を連れて

f:id:kazukiti28:20170224211134p:plain

32bitは製作時に色々恩恵が受けられることくらいしか知りませんが、不要なクリッピングが避けられるとかなんとか。

クリッピングはありませんし、CDで入らなかったシンバルの高音が収録されているのでハイレゾとしては成り立っています。

特に音が潰れていると言うわけでもないですし、いい音だと思います。

CD比較

f:id:kazukiti28:20170301204620p:plain

上がハイレゾ、下がCDです。CDもクリッピングは0です。かなり強力にコンプレッサーがかけてあるような波形ですが、振幅最大値は-0.13dBでした。ハイレゾが0.3dBでしたのでハイレゾで少しだけ余裕を持たせたようです。

真ん中あたり、波形の凹が減少してますし(波形見る限り)ハイレゾの方が音圧高い…?

平均RMSハイレゾが-11.10dB、CDが-11.47dB。

DIAMOND DAYS 

f:id:kazukiti28:20170225115215p:plain

こちらも32bitマスター。

音圧は高めですが、きちんとCDでは入りきらない音まで入っていますし、クリッピングもありません。

聴いてみると、音圧は高いですが楽器の音色が綺麗に鳴っていていいと思います。

この曲いい曲ですね。

CD比較

f:id:kazukiti28:20170301210200p:plain

上がハイレゾです。平均RMSハイレゾが-12.55dBm、CDが-13.73dB。あれ? こちらも音圧が上がっている…?

音圧が上がったからなんだという話でもありますが、ハイレゾ=音圧を下げて聴きやすく、というものだと思っていたものですから、少し動揺。

 

まとめ

やはり質は曲によりけり。

コロムビア曲のCDとの差は大きい。

Lantis曲のCDとの差は微々たるものだが、CDの質を考えると買っても損なし。

とりあえずほしいと思ったら買うべき。

 

P.S

ミリオンには今まで触れてこなかったので適当になってたんですけれど、それだとミリオンPに申し訳ないなあと思いましたので全部載せました。

XPERIA Z4 TabletからiPad Air2に買い換えた話

最近本格的にアイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージにハマり始めてきました。 そのおかげか、下火になりつつあったアイドルマスターの音楽もよく聞くようになりました。 M@STERPIECEとか最高の曲なので一度聞いてみてください。

シンデレラガールズだとM@GIC☆も良い。

買い換えようと思ったきっかけ

一番大きいのはやはり XPERIA Z4 Tabletのタッチ不具合について でしょうか。 「タッチ不具合が起こるのはアース問題!アース対策をすれば治る!!」などと主張するような輩がいますが、この機種/この個体はそうは行きませんでした。 とりあえずこちらの動画をご覧ください。
これらの動画は、僕が普段デレステしか起動していない状態で悩まされている不具合を再現したものです。(バックグラウンドで重い処理を走らせている)



「2D軽量でプレイ、しかもバックグラウンドではなにも動作させていないのに、いきなりフレームレートは落ち、動作はガクガクになり、タッチは効かなくなる」 ということに普段から悩まされています。
これはアース問題と言えるでしょうか?
アース問題であればタッチ不具合だけで動作が重くなる要素はないはずです。
また、バックグラウンドで何も走らせていないのでとくにCPU使用率が高かったりするわけでもありません。
僕にはSnapdragon 810そのものが悪いように思えます。


ちなみに、昔とった動画もこんな感じになってます。
録画機能とデレステのみ起動でバックグラウンドでは何もアプリケーションを起動していません。(システムアプリや常駐モノ等は知りませんが)
コレが最新のオクタコア搭載CPUが織り成すアイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージですか?
そもそもノーツがガクガク過ぎますし、見てて、プレイしてて気持ち悪くなります。
何が起これば勝手にポーズになるんでしょうか。 コレじゃAndroid黎明期の端末を思い出してしまいます。


これは僕が引いた個体が悪いのですか?? 8コア?RAMが3GB? ホントに…? と疑問を抱いたりもしました。
ここで僕は悟る。 "Androidはゲームに向いていない…"
いままでのプレイ動画を御覧頂いたらわかるかと思うのですが、Androidはゲームにおけるラグが顕著です。いくらタイミング調節をしたところでタップした時(ドンと言う音が聞こえて)から何百msかした後にシャンシャン鳴るようでは、快適にプレイをすることは出来ません。
また、こんな危ない綱渡りの状態を続けていたら精神消耗してしまいます。 ですので、Androidを見切りました。
Androidを見切ったら行き着く先はiOSです。ブラックベリーWindows Phoneじゃないです。

iOSでプレイするデレステ

・ラグが全く無い ・動作が軽い ・指に吸い付いてくる ・ガクガクしない 驚きの連続でした。
AndroidiOS、どこでこのような差がついた…

ゲームじゃ無い所でも差が出ました。
既にHDD Audio Remoteが起動していないのを確認後、アプリを同時起動しました。

締め

この件で学んだことは、
・CPUのコア数が増えたからといってUXが向上するわけではない
・RAM容量が多いからといってUXが向上するわけでもない
・カタログスペックだけ見て比較すると必ず失敗する
・なにか買うときは一度触ってから買うかどうか決めたほうがよい
以上。多分Androidには戻れません。なにかAndroidにしかないすごい機能が出てきたら起こしてください。
追記、Air2に変えたらMASTERのレベル28曲やMASTER+曲をフルコン出来ました。

f:id:kazukiti28:20170201205452p:plain

f:id:kazukiti28:20170201205931p:plain圏外区間でフルコンして、そのまま通信エラーでリザルト剥奪されたのでここしか残ってません(命燃やして恋せよ乙女)

f:id:kazukiti28:20170201205512p:plain

XPERIA Z4 Tabletのタッチ不具合について

2015年の1月にZ3 Tablet Compactを購入しまして、暫く使っていました。

ですが、使っているうちに持ち運びには適していますが画面が(Z2T比)小さいと感じるように。 やはり画面は大きい方が良いなと思ったのでZ3 Tablet Compactを資金にZ4 Tabletを購入しました。

安く済ませたかったので本当はグローバルモデルが欲しかったのですが、au版SOT31を購入。 SO-05Gでも良かったのですが、グローバルモデルと余り価格変わらなかったので…

Google play アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ
アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ
評価: 4.4 / 5段階中
価格: 無料 (2015/11/14 時点)
ダウンロードposted by: AndroidHTML v3.1

ただ、机、床の上でプレイしていると全くタッチが効かなくなってゲームどころではなくなったりすることがあります。 畳の上においてケース着用でプレイした時、タッチ不良が発生します。

充電を開始すると先ほどとは打って変わりタッチが普通に効くようになります。

同じROMでも、膝の上、机の上だとまた反応が違ったのですが、これは

Xperia Z5 Compactのタッチパネル不具合、原因はアース不良による「漏電」?

Xperia Z2 Tabletのレビュー「タッチが反応しない、タッチ切れする」の声多数

Xperia Tablet Zのタッチ感度不具合、静電気の「アース不良」が原因の可能性大

これらと同じく、「アース問題」なような気がします。 Z3 Tablet Compact以外のXPERIA Z系タブレットはだいたいこの問題が発生してるんですか… これらすべて更新で直る問題だそうなので、更新が来るのを待ちますか… これらの動画は、「JGLASS」の0.4mmガラスフィルムを貼り付けてのプレイ動画となります。 ガラスフィルムのせいでタッチ不具合が出ている可能性もありえなくはないです。

こんな記事

国内向けXperia Z4 TabletがAndroid 6.0でWi-Fi Allianceの認証を再取得

もあるので、Marshmallowでタッチパネル不具合のFixにも期待したいです